【家計管理第3ステップ】ライフイベント表を作成しよう!

支出を抑える

前回までで、現状毎月大体いくらで生活しているのか、家計の健全度はどのくらいなのかが数字で見えてきたと思います。

次にすることは、ライフイベントの把握です。

いつごろ、どのくらいの費用がかかるのかを数字にすることで、将来へのイメージが具体化し、現状の不安を少なくすることができるのです。

 

まな
まな

いつまでにどれだけ貯めれば良いのか一緒に見てみましょう!

 

いつ、どんな人生を過ごしたいですか?

あなたは将来、どんな人生を過ごしたいですか?

 

ゆとりある老後を暮らしたい。

マイホームが欲しい。

旅行にも毎年行きたい。

子供の学費はある程度用意してあげたい。など

 

実現可能かは置いておいて、まずはワクワク楽しい未来を想像しながら、あなたの将来を思い浮かべてみてください。

 

まな
まな

私は海外移住かな^^

 

将来のために今しなければいけないことを知る

何年後にどんなライフイベントがあり、いくらくらいかかるのか把握すると、今どういうペースでお金を貯めて行くべきかが見えてくるでしょう。

 

悩む必要はありません。

おおまかな目安で良いのです。

いま分かっている範囲での、予定や目標を記入しましょう。

結婚、出産、マイホーム、進学など、いつごろ、どのくらいの費用がかかりそうか、目に見える形にしていくことで、将来のイメージが具体化し、漠然とした将来への不安を解消することが目的です。

 

このイメージを元に「ライフプラン表」を作ってみましょう!

日本FP協会さんのHPにある「ライフプラン表」がわかりやすいと思うのでこちらをダウンロードして作成してみてください。

 

ライフプラン表のDLはこちら

 

 

まな
まな

将来のお金を数字で見える化すると今すべきことがわかります!

 

【家計管理第4ステップ】私の将来は大丈夫?漠然とした不安を解決しよう!
さて、前回までの取り組みで現在の家計と将来の予定がわかりました。 これを元に「キャッシュフロー表」を作成してみましょう! ここまできたらあと少し! これらのステップに沿って実行すれば、貯金は必ずできます!!と断言させていた...
タイトルとURLをコピーしました