【家計管理第4ステップ】私の将来は大丈夫?漠然とした不安を解決しよう!

支出を抑える

さて、前回までの取り組みで現在の家計と将来の予定がわかりました。

これを元に「キャッシュフロー表」を作成してみましょう!

ここまできたらあと少し!

これらのステップに沿って実行すれば、貯金は必ずできます!!と断言させていただきます。

 

まな
まな

キャッシュフロー表を作ることで、今何をすべきかが見えてきます!
闇雲に節約!貯金!をしても続かないのが人間です。
どんな将来を送りたいのか。
これにしたがって家計管理を進めていきましょう!

 

 

キャッシュフロー表を作成しよう!

まずは前回までの資料

・収支確認表

・バランスシート

・ライフイベント表

を使ってキャッシュフロー表を作成しましょう!

日本FP協会さんのHPにある「キャッシュフロー表」がわかりやすいと思うのでこちらをダウンロードして作成してみてください。

 

キャッシュフロー表DLはこちら

 

キャッシュフロー表とは、家族のライフイベントに基づいて、年間の収支および資産の推移を記入する予定表で、いつ、どのくらい資金が必要で、どのくらい資金が足りないのかが簡単にわかります。

 

将来の問題点を見つけ、早めに対策を取ることで漠然とした不安を解決していきましょう!

 

 

キャッシュフロー表作成時の注意点

まずは20〜30年を目処に作成するとわかりやすいかと思います。

子どもの教育費がかからなくなるまでや、リタイアするまでなど、一定の区切りがつく年までというイメージです。

できたら日本人の平均寿命くらいまで作れたら素晴らしいですが、とても大変です。

挫折するくらいなら、途中で切り上げてくださいね!

何事も無理をせず!が基本です。

 

キャッシュフロー表作成の目的は「問題点に対して早めの対策を打つための資料作り」です。

作成が目的になっていたり、問題点がわかったのに「大変!!」と思うだけで対策を何もしないでいたら、せっかくキャッシュフロー表を作成した意味がありません。

 

そして、夢や目標は時間と共に変化していくものです。

これはあくまでも「計画」ですから、その時々によって柔軟に見直していくことが必要です。

 

 

4つの資料を使って未来に向けた対策を

作成した資料を使い、家計を整えていきましょう。

  • 現状の収支が赤字になっていませんか?
  • 将来赤字になりそう、または赤字になってしまった年はありませんか?
  • 目標や夢が達成できそうですか?

 

ひとつでも”NO”があれば、今すぐに家計の改善に取り掛かりましょう!

 

  • お金を使う優先順位を決める
  • 支出を減らす
  • 収入を増やす
  • 投資して増やす

 

 

4つの資料は状況により書き換えていくもの

・収支確認表

・バランスシート

・ライフイベント表

・キャッシュフロー表

これら4つの資料は、「働き始めた」や「子供が生まれた」など、生活に変化があれば都度変更していくものです。

なのでエクセルで管理するのが一番良いのかなと思います。

 

 

 

みなさんいかがでしたか?

このままの生活で夢や目標が叶うとわかった方。

反対にこのままではいずれ赤字になってしまうと気づかれた方。

など様々かと思います。

 

 

 

まな
まな

これらの資料を元に未来に向けた対策を一緒に考えていきましょう!

まずは貯金を増やすための固定費削減から取り掛かりましょう!

 

死亡保障を「見える化」して生命保険を見直そう!
まず結論から申し上げますと、死亡保障が必要なのは、その人が亡くなった時に経済的に困る家族がいる人です。 死亡保障とは、遺族の生活資金を確保することが目的です。 つまり、独身で自分で稼ぎ、自分で暮らしている人に死亡保障は原...

 

 

タイトルとURLをコピーしました